あしたはもう、ブログ書かないかもしれない

熱心なミーハー。 今熱心なのは ①やりたいことをやって今日を生きる②ホリエモン③サッカー④ナマネコ⑤GACKT

一人暮らしか実家暮らしか②それとも新しい暮らし!?

どうしても実家暮らししなきゃいけない理由がないならば一人暮らしを私は選びます。

 

寛げすぎる、なんでもあって満たされすぎるよりは少しハングリーな環境の家がいいと思っています。

http://namaneko.hatenablog.com/entry/2017/01/31/192508

 

 

焦げても不味くても干渉されずに料理をしたい。自分だけのキッチン空間が欲しかった。

 

一人暮らしかしたかった理由の一つ。

 

それが叶って2年経つけど、充実感は未だに継続している。

 

でも最近、もっと新しい住み方してみたいなって思うようになっている。

 

 f:id:namaneko_hoken:20170228163736p:image

 

コンテナハウスに住みたいということ。

 

ネットで情報を集めたり、気づけば足で情報を集めに行ったりするまでになった。

 

職場の移転予定があったり、もうすぐマンションの契約の更新くることもあってとくにこの気持ちが強くなった。

 

 

身の丈にあった生活を水準は落とさずにもっともっとシンプルにして、

 

これだけは外せないポイント(充実したキッチンと寝床。できれ湯舟)は譲らずに

 

やれないだろうか。

 

今は夢だから、頑張ったら届きそうな夢になるようにまずはシンプル生活を心がけようと思う。

 

予防医療活動 恋人って言ったもん勝ち。

恋人ってさあ、一方通行なものなんだなって。

 

 f:id:namaneko_hoken:20170226080514j:image

お口の恋人 ロッテ

 褐色の恋人 スジャータ

白い恋人 北海道のお土産

 

(仮想)

お鼻の恋人  やわらかティッシュ

 

お花の恋人 植物専用水 とか。

 

 

カラダの恋人 予防医療とか。

【妄想更新中】現金と交換

自分が立替え払いしたときに、現金で返されて現金持ちたくないので

 

欲しいもの、やりたいことをリストにして

 

現金以外で返してもらうのはどうだろうか。

 

ナマネコ通貨 みたいな。

 

◎交換していただきたいもの◎

魚沼産の米(3キロ以下)

おかき屋 辰心 でカツ丼食べたい

岡崎魚市場内 平の食堂 でモーニングしたい。

(済)メモをたくさんとるのの書き味のよい仕事用のボールペン欲しい

ウェルテック コンクール ジェルコート (歯磨き粉)

(済)ノラジョーンズのライブの後おしゃれにお酒飲みたい

山口県のネココンテナハウスがある旅館に行きたい

(2017.0219追加)

パナソニックの単3充電池とソケット

パナソニックの単4充電池とソケット

(2017.0306追記)

 

家にある気に入っていない自作陶芸の器を捨てたい  捨てる前のサヨナラ儀式。 キッチンスタジオ借りて料理を作り(カレーは絶対)、自作陶芸の器に盛り付け、写真納めする。みんなで食べたい。 場所は自分で借りる、料理作ってもらって、食べてもらって(私も)、写真撮ってもらいたい。

 

予防医療活動 大腸ガン1

http://namaneko.hatenablog.com/entry/2017/02/16/220254

 

(のつづき)

 

 で、封筒の厚みが厚い大腸がんはというと

 

f:id:namaneko_hoken:20170216212336j:image

 

やっぱりーーーーーーーーーーーっ(つД`)ノ

やっぱりと思った理由は2つ

封筒の厚みが比較して厚かったこと

もひとつはウンチが硬いときは血が出るからです。(私の予想ではイボ痔)

しかも10年くらい前から( ;´Д`)

だよね、そりゃそうだよね、通常か異常でいったら

「異常」だよね。。。

それからドキドキしてきたけど

正月以来両親二人と夕食たくさん食べて

 

魚の煮付けとか実家じゃないと食べないし美味しいーって感じたり、

父が札幌雪まつりに行きたいらしく、「これはあったかそうだなぁ」などと言って

 

私のキッズサイズのサッカー用のコートを180cmくらいの巨体で試着しようとするのを


私の勝負服なんだから破かないでくれ〜勘弁してくれ〜と思ったり

足が伸ばせる湯船につかったり、アカコスリしたりしてるうちに

検査結果のことは忘れて眠りについていました。

 

翌日も朝から新聞紙でトートバックを作るなどしていつも通りに過ごす。

f:id:namaneko_hoken:20170216211012j:image

 

昼ごはん食べ終わった後、マリックが自分の部屋で昼寝し始めた時、

 

リビングで一人になり、あ、そういえば陽性だったわと思い出し…

 

急に大腸ガンとか、内視鏡検査とかググりだす。

 

市内で口コミがいいところ~

 

検査実績が多い先生がいるところが良いらしいと。

 

ふむふむ良いサイト発見!

 

http://名古屋大腸内視鏡検査.comで評判のいいところに電話。

 

手元に2月と3月の手帳を置いて30秒くらいの時間的勇気を出して電話した。

 

「検査キットでひっかかったので、内視鏡検査してほしくて電話しました」

 

「はい。それですと一番早いと来年の11月になるんですがぁ…」

 

来年????? 11月?!?!?!?!

 

今年始まったばかりだぜっっっっっっっ

 

昨日検査結果知った時よりもかーなーりーの衝撃。

 

「検討します」といって終話。

 

この時の感情の変化は、衝撃(無心)⇨笑い⇨あきれ笑い⇨苛立ち⇨悲しみ⇨不安です。

 

病院で検査を受けるべきだし、受けること自体は一人で決意できたけど

 

病院に拒否された気持ちになったこのちょっぴり孤独な気持ちを

 

誰かに聞いてほしい、相談したいと思った。

 

ちょっぴり孤独と書いたのは、もうすこしこの孤独のままでも耐えられると思ったから。

 

自分自身のことを我慢弱いとか、孤独に弱いと感じたことがこれまでないのよね。

 

可愛くなーーーい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

いざ、一番先に打ち明けられる人は誰なのか。

 

どう考えても マリックではなかった。面倒くさいことになると思ったので却下。

 

今ちょうど予防医療普及活動しようぜって仲間がいるから

 

このホヤホヤのタイミングでぶっちゃけてみてもいいかもと思ったけどちょっと勇気出ず。

 

どういうスタンスでぶっちゃけるか決めてからね、っと自分に言い聞かせる。

 

お姉ちゃんにだけ言ってみようかと思ったけど有益ではないなという直感。

 

最終的に、いつも悪いなぁと思いながらも思い浮かぶのは親友の顔。

 

LINE送った後、面倒くさい話を振ってごめんって思った。

 

やるべき事は来年の11月まで先延ばしにすることではないってこと、

 

答えは決まってるのにってことを思い直し

 

LINEが既読なるまで待てなくて、近所のクリニックを見つけて電話することにした。

 

「ちょっと大変な検査だから、まず説明するので検査の前に診察にきてください」

 

(うん、ちょっと知ってる、さっきググったから。)

 

「いつ診察に来ますか?今日だと16時からやってます。」

 

今、15:30。え、今日の今日?

 

でも早い方がいいに決まってる。

 

f:id:namaneko_hoken:20170216215657j:image

 

18時にアポを取ってまずは検査の説明と検査に必要な道具を受け取ることに。

 

電話が終わってLINE開いたら返事きてた!

 

肛門科の看護師やってるお母さんもジョインしてLINE返してくれた。

 

本当に都合までもよくありがたい( ;∀;)

 

相談も乗ってもらい、背中を押してもらって実家を出て病院へ向かう。

 

 

 

 

 

 

 

予防医療活動 子宮頸がん

ありがたいことに会社の健康保険組合から

 

切手代負担するだけで検査が受けれるという案内が届いたので

 

ホリエモンから予防医療について影響されまくってることもあって

 

正月休みに検査キットを迷いなく取り寄せました。

 

f:id:namaneko_hoken:20170216204404j:image

 検査キットが送られてきました。

 

子宮頸がん検査は棒状のスポンジを入れて粘液を採取するだけ。

 

大腸がん検査は、先っぽがスパイラル状になってる綿棒サイズの棒をウンチに挿して

 

溝に埋もれる程度のごく少量を採取するだけ。

 

どちらも簡単スマート。 ウンチの方は1日1回、2日ってとこがすこーしだけめんどうかな。

 

1月末に切手代だけ負担して普通郵便で送りました。

f:id:namaneko_hoken:20170216205913j:image

 

 

検査結果のは郵送されます。

 

郵送先を実家にしてしまっていたので

 

昨日、他の用事も兼ねてちょびっとドキドキしながら帰りました。

 

子宮頸がんと大腸がんの2つを検査したのですが

 

検査結果の封筒の大きさと厚みがビミョーに違うんです。。

 

まずは封筒の厚みが薄い子宮頸がんから開封。。

 

 f:id:namaneko_hoken:20170216210529j:image

ふぅ。よかったー

 

で、封筒の厚みが厚い大腸がんはというと、

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲しい未来の暮らしをつくろう③

おもしろい名古屋を教えてくれる「大ナゴヤ大学」が主催する授業に参加して来ました。

 

欲しい未来の暮らしをつくるのに「場所」関係ない。

 

田舎であって都会であっても、メリットデメリットはあって、

 

与えられた資源(自然環境、人材環境)をどのようにつかうのかというタスクをクリアして

 

欲しい未来の暮らしを築いていくってこと。

 

それを実現するためにナオさんは、コミュニティづくりをしていらっしゃると。

 

なるほどなーと思った。

 

自分一人でやるんじゃなくて、熱量のある何人かがいて、

 

しくみ?! っていうのかな、基盤というか。

 

ゼロからイチを作るところを頑張ればコミュニティを築いていけるって。

 

トレーラーハウスどうやって作ったの?とか聞けると思って行ったんだけど

 

 もっともっと壮大なお話を聞けて本当に良かった。

 

行ってよかった。

 

この授業を終えて自己評価していることがあって、

 

なんとなくおもしろそうという軽い気持ちの割に


一人で足を運んで、前のめりに参加して、多くを吸収できたこと、

 

そしてこのブログを残すことで楽しかった、タメになったというあいまいな感想のままにせず、

 

思ったことを詳しく分解して確認することができている。

 

3ヶ月前の自分と比べて、まず一歩の行動、不要な恥らいを捨てること、


ハードルを越えるための勇気のエネルギーが小さくて済むように来ていることに気がついた。


これを訓練して続けていけば、新しいステップに行けるのかもしれない確かな実感を得ました。

 

ロマンスの神様」の一番高い音も、ツルッと歌えそうな爽快な気分\(^o^)/

 

よーし、きっとできる。

 

すぐにやれることは、一人でやろうとしないことだと思った。

 

食いついていくんだわたし!!

 

逃げるな! 

 

 f:id:namaneko_hoken:20170212112133j:image

欲しい未来の暮らしをつくろう②

 おもしろい名古屋を教えてくれる「大ナゴヤ大学」が主催する授業に参加して来ました。


CAFE OCEAN

 

 

なんというか、とてもとても手間や愛情をもって食生活に向き合っているにだと感じた。

 

いやね、私もなんでも食べられるものであれば良いという気持ちで食生活は送っていない。

 

美味しいもの食べたい、健康でありたいと思う私の食生活への意識がレベル2だとするならば

 

レベル10って感じではるかに上に感じた。

 

スタッフの方たちのまぁおっとりしたこと。

 

こんな人が奥さんだったらって思った男性は多いのでは?!

 

実はこの授業は定刻から20分押しで開始された。

 

原因は明確。ドリンク提供の段取りに問題があった。

 

ワンドリンクつきの授業だったけど一杯一杯丁寧につくる。

 

提供スタッフも焦る様子もない。

 

何故なんだろうと器が小さい私は多少イライラとしたけど

 

彼女たちの暮らしぶり、働きぶり、食生活への向き合い方を聞いて納得。

 

異空間だった。

 

卵を生み出すニワトリも大事なお店のスタッフ、蜂蜜をくれるミツバチも大事なお店のスタッフ、

 

無農薬だから虫食いキャベツも当然のこと。

 

食べたい分だけ虫に食べてもらってよいと、残りを人間が食べさせていただく。

 

ということを言っていた。

 

自分に取り入れられる方法を考えてみたが、少し強制的な矯正が必要だと思った。

 

時間をとって修行することが必要。

 

あ、そういう食事を食べることから始めることはできるかもしれない。

 

いちど行ってみて確かめたい。自分が何を感じるのか。

 

 

トレーラーハウス

 

実家を出て自分のキッチンを持ちたいと思うようになってから3年くらい経つと思う。

 

おしゃれなキッチンの写真集めたり、自分だけの安心できるお布団空間だけがあれば

 

多くの物はいらないとか、思い始めてからずっとtiny houseに憧れてきた。

 

おしゃれなコンテナハウスなんて最高。

 

周りの場所・環境を変えながらも、変わらない空間も移動できることに惹かれている。

 

変わりばえのない生活にスパイスが加わるから感動するわけで

 

常に環境を変えているとただ漂ってるだけになる。

 

わたしはきっとそう、ストイックでハングリーな性格じゃないから。


ナオさんお話はとてもおもしろかった、もっと聞いてみたい。

 

自分が背伸びしてやろうていることを実践されていて、

 

きっとわたしの仲間も同じように思うと想像できる。