あしたはもう、ブログ書かないかもしれない

熱心なミーハー。 今熱心なのは ①やりたいことをやって今日を生きる②ホリエモン③サッカー④ナマネコ⑤GACKT

ホリエモンが好き②ホリエモン展名古屋

「なにかしたいんです。自分を変えたいんです。」

 

北海道に行ったちょうどそのころ、大親友が人生の岐路に立っていて、本当に気がおかしくなってしまうの様子を目の当たりにしてた時期でもあった。

 

大事な大事な人がそんな状況なのに私ときたら、ギラギラしてて、自分でもどうしたものかと思うほど。 結果的に2人で落ち込むより良かったと思うけど、そのタイミングも必然に感じる。 私も親友も人生が変わるときだったんだな。

 

ホリエモン展が開催されるまで本当にいろいろあった。

まさか自分がこんなにもがっつり運営にまわるなんて思ってなかったし、友達とも恋人とも違うかけがえのない仲間と巡り会えるなんて予想もしてなかった。毎日眠かったし、自分の至らなさに悔しくて悲しくて泣いたりもしたけど、

毎日本当に楽しかった。 

 

堀江さんの著書のなかではゼロが一番好き。
⚫️「このままでは一生このまま」決断できなければこの場に留まり「このまま」の人生を送るしかない。

⚫️自信がない(自分が嫌い)なのは、自信を形成する経験が圧倒的に不足しているから。

経験とは自分が足を踏み出した歩数によってカウントされていく。

⚫️足を踏み出すチャンスは誰に平等に流れてくる。チャンスを見極める目なんて必要ない。少しでもおもしろいと思ったら流れてきたチャンスに躊躇なく飛びつく「ノリの良さ」が支えになる。
⚫️決断とは「なにかを選び捨てること」大切なのは自分の手で選ぶという行為。
⚫️僕らにできる失敗なんてたかが知れている。失敗してもマイナスにはならずただゼロに戻るだけだ。
⚫️人はみないつか死んでしまう。有限の時間をどう生きるのか。我慢しながら「他人の時間」を生かされるのか。「自分の時間」を生きるのか。

 

これらの言葉は特に大好きで、短冊に書いて部屋に貼ってた。

ここにあげた6つのこと。

ホリエモン展を通して、0→1になった。

 1になって思うこと。

もう、0には戻れないこと。今後失敗しても0にはならない。戻れない。

1になっちゃったから、今後0になりたいなんて思わないし、思えない。

そして、1のまま踏みとどまり続けることは、ずーとゼロよりツライ。