あしたはもう、ブログ書かないかもしれない

熱心なミーハー。 今熱心なのは ①やりたいことをやって今日を生きる②ホリエモン③サッカー④ナマネコ⑤GACKT

予防医療活動 大腸ガン1

http://namaneko.hatenablog.com/entry/2017/02/16/220254

 

(のつづき)

 

 で、封筒の厚みが厚い大腸がんはというと

 

f:id:namaneko_hoken:20170216212336j:image

 

やっぱりーーーーーーーーーーーっ(つД`)ノ

やっぱりと思った理由は2つ

封筒の厚みが比較して厚かったこと

もひとつはウンチが硬いときは血が出るからです。(私の予想ではイボ痔)

しかも10年くらい前から( ;´Д`)

だよね、そりゃそうだよね、通常か異常でいったら

「異常」だよね。。。

それからドキドキしてきたけど

正月以来両親二人と夕食たくさん食べて

 

魚の煮付けとか実家じゃないと食べないし美味しいーって感じたり、

父が札幌雪まつりに行きたいらしく、「これはあったかそうだなぁ」などと言って

 

私のキッズサイズのサッカー用のコートを180cmくらいの巨体で試着しようとするのを


私の勝負服なんだから破かないでくれ〜勘弁してくれ〜と思ったり

足が伸ばせる湯船につかったり、アカコスリしたりしてるうちに

検査結果のことは忘れて眠りについていました。

 

翌日も朝から新聞紙でトートバックを作るなどしていつも通りに過ごす。

f:id:namaneko_hoken:20170216211012j:image

 

昼ごはん食べ終わった後、マリックが自分の部屋で昼寝し始めた時、

 

リビングで一人になり、あ、そういえば陽性だったわと思い出し…

 

急に大腸ガンとか、内視鏡検査とかググりだす。

 

市内で口コミがいいところ~

 

検査実績が多い先生がいるところが良いらしいと。

 

ふむふむ良いサイト発見!

 

http://名古屋大腸内視鏡検査.comで評判のいいところに電話。

 

手元に2月と3月の手帳を置いて30秒くらいの時間的勇気を出して電話した。

 

「検査キットでひっかかったので、内視鏡検査してほしくて電話しました」

 

「はい。それですと一番早いと来年の11月になるんですがぁ…」

 

来年????? 11月?!?!?!?!

 

今年始まったばかりだぜっっっっっっっ

 

昨日検査結果知った時よりもかーなーりーの衝撃。

 

「検討します」といって終話。

 

この時の感情の変化は、衝撃(無心)⇨笑い⇨あきれ笑い⇨苛立ち⇨悲しみ⇨不安です。

 

病院で検査を受けるべきだし、受けること自体は一人で決意できたけど

 

病院に拒否された気持ちになったこのちょっぴり孤独な気持ちを

 

誰かに聞いてほしい、相談したいと思った。

 

ちょっぴり孤独と書いたのは、もうすこしこの孤独のままでも耐えられると思ったから。

 

自分自身のことを我慢弱いとか、孤独に弱いと感じたことがこれまでないのよね。

 

可愛くなーーーい(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

いざ、一番先に打ち明けられる人は誰なのか。

 

どう考えても マリックではなかった。面倒くさいことになると思ったので却下。

 

今ちょうど予防医療普及活動しようぜって仲間がいるから

 

このホヤホヤのタイミングでぶっちゃけてみてもいいかもと思ったけどちょっと勇気出ず。

 

どういうスタンスでぶっちゃけるか決めてからね、っと自分に言い聞かせる。

 

お姉ちゃんにだけ言ってみようかと思ったけど有益ではないなという直感。

 

最終的に、いつも悪いなぁと思いながらも思い浮かぶのは親友の顔。

 

LINE送った後、面倒くさい話を振ってごめんって思った。

 

やるべき事は来年の11月まで先延ばしにすることではないってこと、

 

答えは決まってるのにってことを思い直し

 

LINEが既読なるまで待てなくて、近所のクリニックを見つけて電話することにした。

 

「ちょっと大変な検査だから、まず説明するので検査の前に診察にきてください」

 

(うん、ちょっと知ってる、さっきググったから。)

 

「いつ診察に来ますか?今日だと16時からやってます。」

 

今、15:30。え、今日の今日?

 

でも早い方がいいに決まってる。

 

f:id:namaneko_hoken:20170216215657j:image

 

18時にアポを取ってまずは検査の説明と検査に必要な道具を受け取ることに。

 

電話が終わってLINE開いたら返事きてた!

 

肛門科の看護師やってるお母さんもジョインしてLINE返してくれた。

 

本当に都合までもよくありがたい( ;∀;)

 

相談も乗ってもらい、背中を押してもらって実家を出て病院へ向かう。