読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたはもう、ブログ書かないかもしれない

熱心なミーハー。 今熱心なのは ①GACKT ②股割り③サッカー ④ナマネコ⑤ホリエモン

欲しい未来の暮らしをつくろう②

 おもしろい名古屋を教えてくれる「大ナゴヤ大学」が主催する授業に参加して来ました。


CAFE OCEAN

 

 

なんというか、とてもとても手間や愛情をもって食生活に向き合っているにだと感じた。

 

いやね、私もなんでも食べられるものであれば良いという気持ちで食生活は送っていない。

 

美味しいもの食べたい、健康でありたいと思う私の食生活への意識がレベル2だとするならば

 

レベル10って感じではるかに上に感じた。

 

スタッフの方たちのまぁおっとりしたこと。

 

こんな人が奥さんだったらって思った男性は多いのでは?!

 

実はこの授業は定刻から20分押しで開始された。

 

原因は明確。ドリンク提供の段取りに問題があった。

 

ワンドリンクつきの授業だったけど一杯一杯丁寧につくる。

 

提供スタッフも焦る様子もない。

 

何故なんだろうと器が小さい私は多少イライラとしたけど

 

彼女たちの暮らしぶり、働きぶり、食生活への向き合い方を聞いて納得。

 

異空間だった。

 

卵を生み出すニワトリも大事なお店のスタッフ、蜂蜜をくれるミツバチも大事なお店のスタッフ、

 

無農薬だから虫食いキャベツも当然のこと。

 

食べたい分だけ虫に食べてもらってよいと、残りを人間が食べさせていただく。

 

ということを言っていた。

 

自分に取り入れられる方法を考えてみたが、少し強制的な矯正が必要だと思った。

 

時間をとって修行することが必要。

 

あ、そういう食事を食べることから始めることはできるかもしれない。

 

いちど行ってみて確かめたい。自分が何を感じるのか。

 

 

トレーラーハウス

 

実家を出て自分のキッチンを持ちたいと思うようになってから3年くらい経つと思う。

 

おしゃれなキッチンの写真集めたり、自分だけの安心できるお布団空間だけがあれば

 

多くの物はいらないとか、思い始めてからずっとtiny houseに憧れてきた。

 

おしゃれなコンテナハウスなんて最高。

 

周りの場所・環境を変えながらも、変わらない空間も移動できることに惹かれている。

 

変わりばえのない生活にスパイスが加わるから感動するわけで

 

常に環境を変えているとただ漂ってるだけになる。

 

わたしはきっとそう、ストイックでハングリーな性格じゃないから。


ナオさんお話はとてもおもしろかった、もっと聞いてみたい。

 

自分が背伸びしてやろうていることを実践されていて、

 

きっとわたしの仲間も同じように思うと想像できる。