読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしたはもう、ブログ書かないかもしれない

熱心なミーハー。 今熱心なのは ①GACKT ②股割り③サッカー ④ナマネコ⑤ホリエモン

心から伝えたいことが、なぜ言葉にできないのか②

心から伝えたいことが言葉にできない理由は

ずばりこれでした。 

f:id:namaneko_hoken:20170111142010p:image

 

自分が感じた考えや気持ちをザックリ仕分けるだけで終わらせてきたこと。

 

いざ、自分の考えを言葉にしようとしたときに、

 

考えの整理がつかず、その複雑さから逃げてきたこと。

 

 

 

でも、たまには伝わるんです。

 

私がハマっている趣味に興味を示してくれたり

 

相談を受けたときに、背中を押してくれてありがとうと言われたり。

 

うまく伝えることができたときでさえ、言葉にはできてなかったと思うんです。

 

言葉にできなくても伝わるとき、伝わらないときの差はなんだろう。

 

寡黙な人が発する言葉は重みがあるもんね。

 

赤ちゃんが大泣きすれば、なにをしたら泣き止むだろうって誰もが思うことを考えると、

 

伝わるときっていうのは、実績のともなう信頼と、さいごは情熱の量だと思うです。

 

人の心が動くのは、言葉そのものじゃないのかもしれない。

 

信頼できる重みと本気の熱量が、言葉から感じられたときに、

 

初めて相手に伝わり、心が動かされるのだと思いました。

 

あ〜履き違えてたな。

 

自分の気持ちと向き合う。複雑さから逃げない。

 

なぜそう感じたのか?それでどうなりたいの?本音なの?

 

頭に中にあることを、とにかく全部はき出して

気持ちを整理しさらけだす。

 

全部さらけ出して空っぽになったら

 

新しいなにかがあるかもしれないね。

 

自分の可能性を狭めているのは

 

いつだって自分(がつくった壁)である

 

(2017/02/19追記)https://newspicks.com/news/2071379/